たったったー!

税理士試験官報合格を目指す"たー"のブログ

ケアレ・スミス集

1,数字ミス系

395,050(正しい数)

395,000(脳内端数処理 百円未満切捨)

395,030(5と3の見間違い)

392,050(5と2の見間違い)

3,950,050(コンマのズレで数字が増える)

325を読み間違える傾向あり

十の位が0に挟まれていると、切り捨て多い

 

2,本試験でやると即死系

簡易課税課税標準欄で各分類の売上を集計し、仕入税額控除の各売上割合に転記し、売上返還の計上を忘れる。

・納税義務判定で用いる表の数字が税抜金額だったのに、見落とす(カッコ書きで税抜と書いてあるパターン)

・課税事業者届出書を課税事業者"選択"届出書と見間違う

・仮計表を折って使い、非課税売上と非のみの計上を間違う(営業外収益費用、特別損益項目で発生)

・課のみなのに100/108をする

・非のみで6.3/108が抜ける(課税貨物の還付があった時に発生)

・リースを見付け調整対象固定資産の判定に即転記し、リースの当期の処理を失念する。

 

・相続の純資産計算で千円未満切捨表示を忘れる(現金項目などで多い)

・cの利益金額算定で各々千円未満切り捨てを失念する。

 

☆本試験前に何度も確認すべき事

電卓の端数スイッチがいつも通りになっているか?

→最近の答練回しで、小数表示なしかつ端数切り上げになっていることに気付かず、課税売上割合の計算の途中で気付いて青ざめた

 

本試験でやったら、自殺したくなるレベルだから、開始前に必ずチェックする。

 

今年はスミス対策も念入りに⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎